MIT TODAY 〜MITスタッフによる昨今のシステム事情・コラム。不定期更新中〜

トップページの中のMIT TODAY

2017年5月30日

「Company Profile」が更新されました

現在のスマートフォンの性能は、黎明期には何億円もした巨大コンピュータの性能をはるかにしのぐものとなりました。 同時に、この間の情報技術の進歩と社会におけるコンピュータ利用と普及は、ご存知の通りです。

かつては、スタンドアローン(コンピュータ毎の単体システム)、LAN WAN と呼ばれたネットワークシステム、 インターネット接続とスマートフォン等の多種デバイスによるコンピュータのネットワーク、 ユビキダスコンピューティング。 さらに、インターネットの普及による現在のWEBを中心としたWEBシステム。 クラウドコンピューティングやクラウドソーシングなどの利用形態とともに、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、人と人、人とコンピュータシステムのつながりを変えてきました。

そして、これからは『第四次産業革命の時代』と言われており、これらのネットワークをモノと結びつける IoT (Internet of Things) ”モノのインターネット”の時代だと言われています。  このように、今や企業にとって、ネットワークに繋がっていることは、発展の不可欠な本質となっております。 最も身近なネットショッピング等はもちろんビジネスの各セクション、製造、購買、営業、人事、総務、開発、ならびにマーケティングにおいても IT技術を中心とした多種のデバイスとの統合によるシステム構築が求められています。

より多彩なセンシング機能を搭載したスマートフォン、その他デバイスやPC等のクライアントデバイスを統合し、 適確に応答するサービス提供可能な、より高性能なネットワークシステム構築が必要となります。 さらに、その端末クライアントが状況を知らせたり、反応して他のモノを制御する。 つまり、モニタリング情報を返してくる、外部からの指令でさらなる端末機器を制御するいうことです。 サーバとクライアント群の相互通信により、より的確に状況を知り、制御するということです。 また、ビッグデータと呼ばれる細密なデータを統計解析手法を用い分析することで、より精細な情報を意思決定の補足手段として提供することも増えてくるでしょう。 こうしてすべてのモノが、インターネットに繋がる IoT 時代を迎えようとしています。

このように多種多様な環境で、新たな情報システムが生まれようとしています。 このように技術と情報が多様化する中でも、十分なコンサルテーションの上、お客様のニーズを的確に捉え、余計なコストをかけずに、 必要かつ最適な情報システムを実現していくことが弊社の使命であると考えております。 これまで18年の実績の中で培われた知見を余すことなく投じて、お客様のニーズに最適のネットワークシステムをご提案・実現できるものと確信しております。

(M)



PAGE TOP