サービス

トップページの中のサービスの中のコンサルテーション

コンサルテーション

MITは、ビジネスセンスを持った高度で専門的な技術者が、貴社の経営環境をより良いものに変えるソリューションをご提供いたします。
私たちは、貴社の目標を達成するために、コンサルティングを始め、ハードウェア、ソフトウェア、およびIT技術駆使し、完璧なソリューションとして統合し、ご提供いたします。
以下は、具体的な活動内容の例です。

CASE#01 インターネット博覧会 アートコーポレーション様パビリオンサイト

プロジェクト名
インターネット博覧会 アートコーポレーション様パビリオンサイト
コンサルテーション事例
お客様よりインターネット博覧会への出展パビリオンサイトのお話を聞きました。
サイトのコンセプトやターゲット等をお客様に確認し、併せてインターネット博覧会の調査を行いました。
コンセプトやターゲットに合ったコンテンツ案を数種類作成しました。
その際、弊社独自の観点からシステムを考慮したコンテンツ案を作成しました。
お客様へのパビリオンサイトのコンテンツ提案
デザイン会社様と共同でお客様に提案できるプレゼンテーション資料を作成しました。
大きなコンセプト(家族愛・エンターテイメント)に乗った趣旨を説明し、それに基づく数種類のコンテンツの説明を行いました。
その際、簡単なプロトタイプの作成も一緒に披露し、お客様により一層理解していただく事ができました。
お客様とのディスカッション
提案内容の詳細に対する説明を行い、お客様の細かな要望や変更等を伺い、システム面で実現可能内容と判断した場合は、その場で再度説明を加えご納得頂いたり、システム面からの修正案を再提案したりさせていただきました。
即座に判断し回答して行くことでお客様との距離を縮め信頼も得て、システム立ち上げのスピードアップに繋がりました。これがプロジェクト成功への第一歩だと確信しました。

PAGE TOP

CASE#02 製造業向け OLAPシステム

プロジェクト名
製造業向け OLAPシステム
コンサルテーション事例
ソフトウェア総合商社様の営業ご担当者様よりエンドユーザーでの問題点の相談エンドユーザーに対してSI会社様及びソフトウェア総合商社様と一緒に問題点のヒアリングを行いました。
お客様の要求定義を的確に行いました。
さらに念のため、お客様からのご注文以外にも更なる問題がないのかを同時に確認しました。
この事例では、ホストコンピュータによる基幹業務システムをERPパッケージを採用することになりましたが、現行ホストより出力されている管理帳票をERPパッケージで対応することは困難(予算・期間等)であるとのことでした。
管理帳票を必要とし別の方法で解決できないかとのご相談でした。
お客様へのシステム提案
予算や期間短縮だけでなく、メンテナンス性やお客様独自の開発も可能となるBIツールによる開発のご提案をさせていただくことにしました。
BIツールを使用することのメリットを十分理解した上で、ソフトウェア総合商社と共に常に提案していましたので、お客様のご理解も早く導入の決断も早期に決定していただくことができました。
お客様への本当の提案
当初の予定はホストから出力されている管理帳票を全てBIツールを使用したOLAPシステム側で出力することを望まれていましたが、システム打合せを重ねるうちに弊社より「本当に必要な帳票は何か?」「全ての帳票を使用しているのか?」「同じような帳票はないのか?」といった疑問提起させていただきました。
そこで、お客様のシステム担当者だけでなく、各現場の管理責任者の方にもご参加いただき、帳票全ての見直し、洗い出しを行いました。その結果、数百あった帳票が半分程度にまで削減できました。このことが予算及び期間を縮小に繋がりました。
システムコンサルテーションとは、お客様の要望を、唯単に全て満足するのではなく、より良いもの、より密度の高いものをご提案し、より高い満足を得ていただくことであると実感しました。

PAGE TOP

CASE#03 生産および物流業務のWeb化

コンサルテーション事例
入出庫、返品、棚卸等 在庫管理システムの開発(物流部門)および資材発注 資材投入 生産数 帳票等の一括管理(生産部門)をする業務システムのWEB化。
お客様への積極的なヒアリングと提案
今のシステムの問題点と、お客様がどうしたいのかというご希望を各部門の担当者様からヒアリングし、重要な部分と効率化させる部分をしっかり把握した上でこちらからも技術的な面、メンテナンス性という視点からの提案もさせていただきながら綿密な打ち合わせを行い、システム構築を行っております。
お客様の業務効率、経営効率UPに重点を置いたシステム構築
型通りではなく、お客様の業務の流れをきちんと把握した上で、余分なものは取り除き業務サポートのために必要な部分は機能を拡張させ、事務処理のスピード化、在庫の管理強化等、作業の効率化、経営効率に焦点を絞った業務システムのWEB化を実現しています。

PAGE TOP